日本国を愛する日記

日本国を愛し、正しい歴史感を発信してゆきます。

大東亜戦争の真実 神風特別攻撃隊の編成

大東亜戦争の真実
神風特別攻撃隊の編成

「不動産投資と旅」現役大家さん、現役投資家の生の声を聞かせます。-特攻隊1

「不動産投資と旅」現役大家さん、現役投資家の生の声を聞かせます。-特攻隊3

「不動産投資と旅」現役大家さん、現役投資家の生の声を聞かせます。-特攻隊2


昭和19年、祖父はフィリピンにいました。
私と同じ23歳の祖父です。

フィリピンは日米の戦争に巻き込まれていました。連日、海にはアメリカの艦隊の大軍が押し寄せたそうです。

ミッドウェー海戦以降の日本軍は、大東亜戦争初期の勢いはなく、豊富な物資と強大な工業力を持つ米軍に徐々に追い詰められていきました。

そんな中、昭和19年6月15日、本土防衛の為の重要拠点であったサイパン島が米軍に攻略された。これによりB29による日本本土爆撃が可能となった。…フィリピンは日本と南方の石油をつなぐ、戦略的な要所であり、米軍が獲得に動いた。

フィリピンを守る第一航空艦隊の当時の戦力は、零戦約40機しかなかった。…これだけの戦力ではどうしようもないという事は明らかだった。

大西中将は、ついに『ゼロ戦に250キロ爆弾を抱かせて体当たりをやるほかに確実な攻撃方法はないと思うがどんなものだろう?』と体当たり攻撃を部下達に提案した。

この時、全員が両手を上げてこの作戦に賛成した。当時の戦況、そして搭乗員の士気というのは、そのようなものであった。

神風特別攻撃隊の編成

攻撃隊が結成された翌日、戦闘機の整備兵をやっていた祖父に特別攻撃隊の友人が語った言葉です。

「もう戦争は続けるべきではない。しかし、敵を追い落とす事ができれば、七分三分の講和が出来るだろう。アメリカを本土に迎えた場合、恐ろしい国である。歴史に見るインデアンやハワイ民族のように、闘魂のある者は次々と各個撃破され、日本民族の再興の機会は永久に失われてしまうだろう…」

「…ここに信じてよいことがある。いかなる形の講和になろうとも日本民族が将に亡びんとする時に当たって身をもってこれを防いだ若者たちがいた、という歴史の残る限り、五百年後、千年後の世に必ずや日本民族は再興するであろう」

「大空に雲は行き、雲は流れり、すべてに人よさらば…後を頼む征って参ります」

「人は一度は死するもの、微笑んで征きます。出撃の日も…そして永遠に」

「イッテマイリマス イノチノニホンニエイコウアレ」

$「不動産投資と旅」現役大家さん、現役投資家の生の声を聞かせます。-特攻隊 空母

私が高校生の時、祖父とフィリピンに行きました。『神風特別攻撃隊』をはじめ戦没者の慰霊祭に参加するためにです。

フィリピンの方々が日本国旗を振ってくれました。
東南アジアの国々から常に戦争の責任を追及されていると思い込んでいた私は驚きました。特攻隊は戦後の日本では ”戦争の悲劇” の代名詞としてしか語られていません。

しかしフィリピンでは捉え方がまったく違っていました。
式でのフィリピンの方のスピーチです。

『…当時、白人は有色人種を見下してました。これに対して日本は、世界のあらゆる人種が平等であるべきだととして戦争に突入していったのです。

神風特別攻撃隊は、そうした白人の横暴に対する力による最後の ”抵抗” だったといえましょう…そしてアジア内で唯一、抵抗してくれたのです。

かつて日本の統治を受けた台湾や韓国を見てください。立派に経済的な繁栄を遂げているでしょう。これは日本が統治下でほどこした ”教育” の成果です。

ですがアメリカの統治を受けたフィリピンでは、自分たちで物を作る事を学ばせてもらえなかった。人々は鉛筆すら作る事ができなかったのです。…アメリカが自分の作ったものを一方的にフィリピンに売りつけてきたからでした。

フィリピン人は、日本で伝えられているような ”反日” などではなく、むしろ親日的です。フィリピンの人々は戦争に対しては日本人よりもリアリストです。

戦争があれば多少なりとも悲劇はあると、現実的な考え方をしています。…ですからフィリピンの人々は日本を責めようなどとは思っていません。

フィリピン国歌にも 「誉れ高い英雄たちの生まれた国を崇めよ」 という一節があるくらいです…』

じいちゃんは小さな肩を震わせて泣いていました。

私は一つ、真実を知る事が出来ました。

 

管理人お奨め記事

www.tabi.cafe