日本国を愛する日記

日本国を愛し、正しい歴史感を発信してゆきます。

野田総理 従軍慰安婦問題…3つの約束

フジテレビ 新報道2001野田総理 従軍慰安婦問題…3つの約束 大阪市立大学教授 朴一(パク・イル)「… 野田政権の末期に3つの提案をされました…1.韓国の日本大使が慰安婦に直接会って謝罪する2.野田総理が詫び状を書く3.日本政府が100%の公的資金で償い金…

「はだしのゲン」問題シーンは最終巻に登場 連載誌代わり描写過激に

”はだしのゲン問題” ようやく理解できた 1962年生まれの管理人は、リアルタイムで『はだしのゲン』を少年ジャンプで毎週、読んでいた世代だ。当時を思い起こすと「え!ここで終わり?」… という印象で突然連載が終了した感があった。…公式な理由としては読者…

インド独立 藤原機関

インド独立 藤原機関インド独立に絡んだ藤原岩市少佐、…藤原機関の話です。…藤原少佐は陸軍大学校を出られたエリートで大東亜戦争が始まる前には参謀本部に勤務していました。ある時、参謀総長から命令がありまして、…「インド独立の為のお手伝いをする準備…

潜入!“12大ゴーストタウン 鬼城”…中国のゴーストタウン 史上最大のバブルの行方

潜入!“12大ゴーストタウン鬼城”…中国のゴーストタウン 史上最大のバブルの行方 ここに凄まじいデータがあります。2019年世界の粗鋼生産は18億6990万トン。…内、中国は9億9634万トン…つまり世界の半分を中国で消費しているんです。 これは10年前からほぼ同じ…

サマワ市民と自衛隊員 …イラクの誇り高き日本のサムライたち

サマワ市民と自衛隊員イラクの誇り高き日本のサムライたちイラクでは噂が伝わるのが速い…2004年12月14日、自衛隊の派遣期間が終わりに近づき、またロケット砲が打ち込まれると、 「自衛隊は帰るのか?」 という懸念が瞬く間に広がった。すると140人の老若男…

世界で一番長く続いている国 神道日本

世界で一番長く続いている国 神道日本神道日本、その歴史2673年、…2番目に続いている国、デンマーク約1000年、…次に続くのはイギリス約900年。その他の国は僅か200年足らずで滅びている…途切れることなく赤く続くこの図が、我が国日本である。2月11日、建国…

パラオの国旗は日本の国旗とそっくり! …誇り高き日本国「日本とパラオのお話」

パラオの国旗は日本の国旗とそっくり!誇り高き日本国 「日本とパラオのお話」日本の国旗と並んでいるのはパラオの国旗です…『国旗』 にまつわる現代日本に知られていない話です。大正8(1919)年、対ドイツ講和条約(ベルサイユ条約)が結ばれ、日本はパラ…

君が代の真実 …我が国、国歌 君が代の本当の意味…国歌、君が代は恋の歌だった

www.youtube.com 君が代の真実 …我が国、国歌君が代の本当の意味…国歌、君が代は恋の歌だった平成11(1999)年、国歌として制定明治21(1888)年、対外正式交付明治13(1880)年、作曲千年前 平安期 古今和歌集の中の賀歌…祝いの歌として千年もの間、歌われ…

吉本貞昭 著 『世界が語る神風特別攻撃隊』 ハート出版 (「はじめに」より)

吉本貞昭 著 『世界が語る神風特別攻撃隊』ハート出版 (「はじめに」より)本書は、大東亜戦争末期、必死必殺の特攻兵器を持って国家の危急を救わんとした、殉国の血潮に燃えた青年たちの勇気と自己犠牲の記録である。日本は昭和16年12月8日、自存自衛と大…

2011年旅 知覧特攻平和会館…西日本遠征折り返し地点の鹿児島まで来ました。

2011年、知覧を訪れた時に書いた記事です。皆さんにも是非、知覧特攻平和会館に足を運んでもらいたいと考えます。上記画像は朝日新聞の記者が翌日、沖縄へ向け出撃する隊を写したそうです・・真ん中の若者(若者というより少年ですかね)が17歳、その他の4人…

朝鮮半島植民地支配と戦後処理の真実 神奈川大学教授 小山和伸氏に聞く…

神奈川大学教授 メディア報道研究政策センター理事長小山和伸氏に聞く…朝鮮半島植民地支配に対しての賠償責任とは…Q:従軍慰安婦問題で米国に建てられた慰安婦の碑についてどうお考えですか。最近、慰安婦の像が建てられたり、中止になったり紆余曲折がある…

731部隊の真実 東京裁判でも馬鹿らしいと取り合わなかった…

731部隊の真実東京裁判でもあまりにも馬鹿らしいととり上げなかった731部隊731部隊とは、…(ウィキペディアより抜粋)「…満州に拠点をおいて、防疫給水の名のとおり兵士の感染症予防や、そのための衛生的な給水体制の研究を主任務とすると同時に、細菌戦に使…

引揚民間人を襲った朝鮮保安隊の略奪・暴行・殺戮の嵐 …引揚げる日本人を襲ったのは朝鮮人だった

中国大陸と朝鮮半島から引揚げる日本人を襲ったのは、仲間であったはずの朝鮮人だった正論 2005 年 11 月号 引揚民間人を襲った朝鮮保安隊の略奪・暴行・殺戮の嵐 (一部抜粋) 満州や北朝鮮からの初期の脱出者は悲惨で今も念頭を去らないいくつかのエピソー…

「東トルキスタンからの手紙」 …日本国民が最低限知るべき、中国の実態

「東トルキスタンからの手紙」日本国民が最低限知るべき、中国の実態 むかし、この国の人々は自由な暮らしを営んでいました。人々は歌を愛し、踊りを愛し、明るく開放的で、人が愛し合う事を、そして平和を慈しむ民族でした。国土は豊かで、水や緑にも恵まれ…

暴走する韓国の歴史教科書 なぜここまで歴史を捏造するに至ったのか

暴走する韓国の歴史教科書なぜここまで歴史を捏造する必要に至ったのか 韓国がどのようにして『ファンタジー歴史教科書』ともいうべきものを作り上げてしまったのか、その軌跡をたどってみました。昔から韓国の歴史教科書は、偏った内容だったのですが、ある…